マンションの「所有権」と「借地権」ってなにが違うの?" />

マンションの「所有権」と「借地権」ってなにが違うの?


皆さんは、マンションを購入する際に、「所有権」や「借地権」などの言葉を耳にしたことはありませんか?違いがよくわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし大きな違いがあります!住宅購入検討中の方必見!
今回は、「所有権」と「借地権」の違いやメリット・デメリットについてお話します。


まず分譲マンションの敷地(土地)の権利には、「所有権」と「借地権」の2種類があります。その違いはなんでしょうか。

所有権:購入した土地を所有する権利のことです。

借地権:建物の所有を目的に土地を借りる権利のことです。
他人から土地を借りるため、所有権自体は、貸している人にあります。

さらに借地権には3つの種類があります。
1.旧借地権→1992年8月より以前から土地を借りている場合に適用されます。
2.新借地権→1992年8月以降に借り始めた場合に適用されます。
3.定期借地権→契約期間満了に伴って借地権が終了します。

さらに定期借地権は、3つに分類されます。

一般定期借地権マンションの借地権は、これにあたります。契約期間が50年以上に定められており、更新は無く契約終了後は更地にして返還となります。
・事業用定期借地権→事業の用途のみで土地を借りる場合のものです。
・建物譲渡特約付借地権→30年以上経つと、土地所有者が建物を相当の対価で買い取る決まりがあります。

では所有権と借地権のメリットとデメリットについてお話します。

◎所有権のメリット
所有する土地を自由に扱える(売却や相続など)
・住宅ローンが組みやすい(借地権よりも価値が高い権利)
◎所有権のデメリット
・購入時の価格が高い
・土地の固定資産税がかかる

◎借地権のメリット
購入時の費用を抑えられる
・土地に対する税金が不要
◎借地権のデメリット
・地代(土地の所有者に支払う賃料)を支払わなければならない
・売却などを自由に行えない(地主の承諾や承諾料が必要)
・住宅ローンが組みづらい
・更新料が必要
・基本的に更地での返還のため解体費用が必要となる

以上、「所有権」と「借地権」について比較しましたが、いかがでしたでしょうか。
どちらにもそれぞれメリット・デメリットがあります。
借地権のマンションは、相続や資産価値をあまり気にされない方や、引っ越しの可能性(売却の可能性)が無い方には、いいかもしれませんね☆

ライフアップサロン大阪は、ライフスタイルのご相談から資産や投資などのライフプランの作成、さらにはお部屋を彩るインテリアのコーディネートまで、住まいと暮らしのあれこれのお悩み!一緒に解決のお手伝いをいたします。
また、随時個別ショートセミナーや個別相談を受付中です。
ぜひ、ライフアップサロン大阪サロンスタッフまでお声掛けください。

ライフアップサロン大阪のインスタグラムのQRコードです。
今回のようなお金や住宅に関する情報やグルメ等を毎日投稿しておりますので、
ぜひフォローをお待ちしております。

SNSでもご購読できます。