見えない部分だからこそ要チェック!!耐震等級とは?
" />

見えない部分だからこそ要チェック!!耐震等級とは?


はじめに
みなさんは、「今の家で地震が来たらどうなるのかな?」など、住宅に対する不安はありませんか?
住宅の性能はどんな家でも皆同じではありません。今から住宅購入を検討される方に、必ず目を向けて頂きたいポイントが『住宅の性能』です。
その中でも今回は、地震の多い日本において特に気になるポイント「耐震等級」について解説します。


Ⅰ.耐震等級とは?
耐震等級とは、地震に対する建物の強度(耐震性能)を示す指標の1つです。
2000年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」及びそれに基づいた「住宅性能表示制度」に沿って制定されました。
耐震等級は1~3まであり、等級が上がるほど地震に対する強度も上がります。

Ⅱ.耐震等級1・2・3の違い

・耐震等級1…建築基準法上で定められている耐震性能を満たす水準の耐震等級。
       一般的な住宅(戸建・マンション)に用いられる耐震基準。
       震度6強~7程度の地震で倒壊・崩壊しないとされるレベル。

・耐震等級2…建築基準法(耐震等級1)の1.25倍の耐震性能。
       学校や避難所などの建物用途に採用されることが多い。
       震度6強~7の地震でも倒壊せずかつ、一部の補修をする程度で住み続けられるレベル。「長期優良住宅」の認定条件。

・耐震等級3…建築基準法(耐震等級1)の1.5倍の耐震性能。
       災害復興の拠点となる重要な防災施設の建物用途に採用されることが多い。
       震度6強~7の地震でも損傷がない又は軽い補修程度で済むレベル。

 

Ⅲ.耐震等級取得のメリットとデメリット

耐震等級の取得は長期的に見た時のメリットが大きいです。

Ⅳ.中古住宅を購入する場合に気を付けたいこと
中古住宅は新築住宅とは違い、構造や耐震についての資料がおろそかになりがちです。入居後にトラブルが起こらないようにするためにも、インスペクション(←過去コラムにて解説♪)などプロの力を借りて、耐震性を事前にしっかりとチェックしましょう。

おわりに
日本において、地震はいつ起きるのか予測できません。日頃から地震に備えた対策をしておくことは重要です。特に一戸建の場合は、買主の判断となりますので耐震等級を上げた住宅を建てるのも良いかもしれません。
これから住宅購入を検討されている方は建物のデザインなど目に見える部分だけで判断せず、『住宅の性能』についてもしっかりと確認し、安心・安全な生活を手に入れましょう!

性能部分の判断基準やご自身に合うお家が分からないという方はぜひライフアップサロン大阪までご相談ください!
ライフアップサロン大阪は、ライフスタイルのご相談から資産や投資などのライフプランの作成、さらにはお部屋を彩るインテリアのコーディネートまで、住まいと暮らしのあれこれのお悩み!一緒に解決のお手伝いをいたします。
また、個別ショートセミナーや個別相談も随時受付中です。
ぜひライフアップサロン大阪・サロンスタッフまでお声掛けください!

ライフアップサロン大阪のインスタグラムQRコードです。
今回のようなお家に関する情報やグルメなどを毎日投稿しています。
ぜひ皆様のフォローをお待ちしております。

SNSでもご購読できます。