よく耳にする『管理組合』ってなに?
" />

よく耳にする『管理組合』ってなに?


皆さんは、「管理組合」についてご存じですか?「管理組合」とは、マンションの住民が快適に生活する上で欠かせないものです。特に、マンション購入をご検討中の方に知っていただきたい内容です。そこで、今回は『管理組合』についてお話しいたします。


【管理組合とは】
管理組合とは、分譲マンションなど集合住宅を管理するために、建物の所有者によって構成される団体のことです。(建物の区分所有等に関する法律に基づく)住民にとって良好な住環境を維持することや、マンションの資産価値を守るという役割があります。

【【管理組合で行うこと】
①マンションのロビーや階段などの共用部分の管理
②住民が安心して暮らせる環境を保持するためのルール決め
③長期修繕計画の見直し

などが挙げられます。

管理組合の代表(役員)=理事会によって上記①~③の話し合いが行われることにより、住民はマンションでの生活を快適に過ごすことができます。(役員でない場合は、理事会の意思決定に賛否を表して「総会」で方針決定に協力します。)
(※長期修繕計画については、過去のコラム「マンションの資産価値を維持するための長期修繕計画って?」をご確認ください。)

【管理組合と管理会社の違い】
管理組合は、マンションの所有者(購入者)のみで構成されます。マンション所有者の中から理事会のメンバーが選出され、理事会のメンバーによってマンションの維持・管理についての方針が話し合われ決められます。(理事会の役員は1~2年が任期の輪番制で区分所有者が順番に担当するのが一般的です)
一方、管理会社は管理組合から委託を受けマンションの管理を事業とする企業を指します。ちなみに、上記①~③のマンションの管理業務に加え、理事会の議題決めや資料作成なども依頼することが出来ます。
(※分譲マンションの部屋を借りて住んでいる方は、管理組合に加入する権利はありません。)

【まとめ】
今回のコラムでは『管理組合』についてお話しました。中には、役員の順番がまわってくる事を面倒に感じる方もいらっしゃるかと思います。ですが、理事会に参加することで、ご自身が居住するマンションの修繕内容や費用についても細かく知ることが出来ます。理事会に参加し、住民同士でしっかりと話し合いが行われることで、マンションの住環境や資産価値を守ることに繋がります。なので、是非皆さんも理事会に参加してくださいね☆

ライフアップサロン大阪は、ライフスタイルのご相談から資産や投資などのライフプランの作成、さらにはお部屋を彩るインテリアのコーディネートまで、住まいと暮らしのあれこれのお悩み!一緒に解決のお手伝いを致します。
また、個別ショートセミナーや個別相談も随時受付中です。
ぜひ、ライフアップサロン大阪・サロンスタッフまでお声掛けください!

ライフアップサロン大阪のインスタグラムのQRコードです。
住宅に関するタメになる情報から、スタッフのおすすめランチなど、楽しい投稿もありますので、是非チェックしてみてください。
皆様のフォローをお待ちしております!

SNSでもご購読できます。