不動産業者だけが見ることができる“レインズ”とは…?" />

不動産業者だけが見ることができる“レインズ”とは…?


はじめに
皆さんは、「レインズ」ということばを聞いたことがありますか?
今回は、不動産の取引において欠かせない、レインズについて解説します!


1.レインズとは?
レインズ(REINSとは、国土交通省から指定を受けた「不動産流通機構」が運営している(不動産情報)ネットワークシステムのことをいいます。「Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)」の頭文字をとって略されています。
不動産取引の適正化や円滑化を促すことを目的として、宅地建物取引業法に基づき、国土交通大臣に指定された全国で4つの不動産流通機構が運営しています。
売買物件と賃貸物件の登録や検索ができるだけでなく、成約情報を閲覧する事も可能です。
ただし、基本的には不動産会社のみが利用でき、一般の方は閲覧できません。

《レインズに登録される情報》
○土地
○マンション
○戸建
○一棟アパート
○一棟マンション
○ビル
○店舗

出典:公益社団法人 近畿圏不動産流通機構「レインズとは

4つの不動産流通機構のうち、近畿二府四県(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の不動産会社が加盟しているのが公益社団法人 近畿圏不動産流通機構=通称「近畿レインズ」になります。

出典:公益社団法人 近畿圏不動産流通機構「全国の不動産流通機構

2.レインズに登録するメリットは?
Ⅰ.売却・購入のスピードが上がる!
お客様から売却の依頼を受けた物件情報がレインズに登録されれば、情報はネットワークを通じて一気に全国の不動産会社に共有され、売却したい物件は多くの不動産会社の目に触れることで、素早い成約に繋がります。

Ⅱ.過去の取引事例を見ることで適正価格がわかる!
物件の売買が成立した後、不動産会社は契約日や取引価格などをレインズに登録します。このように、レインズには実際の取引情報がリアルタイムで蓄積されています。
こうした数多くある過去のリアルな取引事例を参考にすることで、新たに不動産の売却依頼や査定依頼が入った時、蓄積された情報を基により適正な価格を算出できます。

Ⅲ.安心・安全な不動産取引ができる!
《不動産売買の媒介契約》

不動産の売却を依頼した不動産会社と結ぶ契約は媒介契約と呼ばれ3種類あります。
「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」の場合はレインズへの登録が義務付けられています。
「一般媒介契約」でも積極的にレインズへ登録するように促されていますが、義務ではありません。
レインズに登録されると、売主は自分の依頼した物件について、適切に取引されているかをチェックできるので、より安全で公平な不動産取引を実現できます。

3.レインズに登録するデメリットは?
レインズには、物件の住所や販売開始日や築年数などの詳細な物件情報がアップされ、全国の不動産会社が閲覧できます。情報が巡って身近な人の目に届いてしまう可能性もあるため、不動産の売却を周囲に知られずに進めたいという方は、一般媒介契約を選択して、レインズに登録しないようにしてもらうことも1つの方法です。

4.一般の人がレインズを閲覧するには?
不動産会社以外の人は、基本的にレインズを閲覧することはできません。
ただ、売主として自身が売り出している物件の登録情報や取引の進捗については確認できます。
また、レインズ・マーケット・インフォメーションという直近1年の成約データなどを調べる事ができるサービスがあり、自分が求める物件の相場を知ることができます。
ぜひチェックしてみてください。

まとめ
以上、レインズについて解説しましたがいかがでしたか?レインズは誰でも見られるわけではありませんが、不動産取引をする上では欠かせないシステムです。何かしら不動産取引をする時のためにもぜひ、頭の片隅に入れておいてくださいね♪

その他お住まいに関するお悩みやご相談など、ぜひライフアップサロン大阪までご相談ください!ライフアップサロン大阪は、ライフスタイルのご相談から資産や投資などのライフプランの作成、さらにはお部屋を彩るインテリアのコーディネートまで、住まいと暮らしのあれこれ!一緒に解決のお手伝いをいたします。
また、随時個別ショートセミナーや個別相談を受付中です。

ライフアップサロン大阪のインスタグラムQRコードです。
今回のようなお金に関する情報やグルメなどを毎日投稿しています。
ぜひフォローをお待ちしております。

SNSでもご購読できます。