用途地域・建ぺい率・容積率
" />

意外と知らない!?住宅購入前の方必見!
用途地域・建ぺい率・容積率


はじめに
みなさんは住宅購入を検討する際、どういった情報に目を向けますか?
間取りや外観、部屋数、住宅設備などを気にされる方は多いのではないでしょうか。

では「用途地域」「建ぺい率」「容積率」という言葉を聞いたことはありますか?
特に戸建住宅の場合、どのような住宅を建てることができるか、住環境によって大きく左右されます。マンションを検討されている方も、住環境を気にされる方が非常に多いので、今回は、事前に知っておくべき不動産ワード「用途地域」「建ぺい率」「容積率」についてお話し致します。


Ⅰ.用途地域によって住環境は違う!?
用途地域とは計画的な市街地を形成するために、用途に応じて分けられたエリアのことで、土地の用途の混在を防ぐことを目的として定められたものです。その地域にどんな建物が建てられるかがわかります。住みやすく計画的な街づくりを行うために、大きくは「住居系」・「工業系」・「商業系」の3つに分類され、全部で13地域に分けられています。
結果として地域ごとに住み心地や環境が異なるため、住宅選びの際に気を付けたいポイントです。

《用途地域一覧》 

出典:国土交通省HP「用途地域

Ⅱ.建ぺい率
建ぺい率とは、敷地面積に対する建物の建築面積(建坪)の割合のことをいいます。
日当たりなどの住環境への配慮や火事や災害を防ぐ目的があり、建ぺい率は用途地域によって異なります。

※緩和条件や制限があります。

【例】 
敷地面積…120㎡の場合
○建ぺい率50%→建築面積60㎡まで
○建ぺい率80%→建築面積96㎡まで

Ⅲ.容積率
容積率とは、敷地面積に対する建築延べ床面積※の割合のことをいいます。用途地域や前面道路の幅によって異なります。建物の容積(規模)を制限することによって、人口をコントロールし、かつ住環境を考慮した街づくりが可能となります。閑静な住宅街ほど、容積率は小さくなります。容積率が小さいと高さのある建物を建てにくくなり、結果、容積率は地域の景観を守る役割も果たしています。

※延べ床面積とは、それぞれの階の「床面積」を合計した面積のことです。

※前面道路幅が12m未満の場合は、異なる計算式を用いて計算し、どちらか
 低い方の数字が適用されます。詳しくは国土交通省HPをご確認ください。
※緩和条件や制限があります。

まとめ

用途地域が指定されている地域では、建物の用途の制限に加えて、建ぺい率や容積率、道路幅に見合った建物の高さなど、建て方のルールが定められています。
このようなルールを知っておくだけで、購入する家の周辺に、将来どのような施設や建物が建築されそうか予測できます。
今回、意外と知らない不動産ワード「用途地域」「建ぺい率」「容積率」についてお伝えしました。お住まい探しに迷われている方は、ぜひライフアップサロン大阪にご相談ください。

ライフアップサロン大阪は、ライフスタイルのご相談から資産や投資などのライフプランの作成、さらにはお部屋を彩るインテリアのコーディネートまで、住まいと暮らしのあれこれのお悩み!一緒に解決のお手伝いをいたします。

また、随時個別ショートセミナーや個別相談を受付中です。
ぜひ、ライフアップサロン大阪サロンスタッフまでお声掛けください。

ライフアップサロン大阪のインスタグラムQRコードです。
今回のような住宅に関する情報やグルメ等を毎日投稿しておりますので、
ぜひフォローをお待ちしております。

SNSでもご購読できます。