【住宅購入前の方必見!建物の地震対策とは?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は、言わずと知れた地震大国ですよね。皆さん、地震対策はされていますか?
今回は、建物における地震への構造上の備えについてお話しします。


現在の日本では、法律上すべての建物に一定の耐震強度が義務付けられていますが、
建物構造の種類は、大きく分けて「耐震」「制震」「免震」の3種類があります。  

そこで今回は「耐震」「制震」「免震」の3つの構造上の違いや特徴について
ご紹介します。

1つ目は、耐震構造です。

耐震工法とは、文字通り「揺れに耐える」ことです。
耐震構造は、建物を頑丈につくり、建物全体を強く固定することで地震の衝撃に耐えます。阪神淡路大震災や東日本大震災を教訓に、自治体の建物や学校などもこの耐震構造で建てられています。最もポピュラーな構造と言えます。

戸建の場合は、柱や梁(はり)を太く作ることや耐力壁を増やすといった丈夫なつくりで、建物全体の倒壊を防ぎます。地震に耐えられるようしっかりとした造りになっていることが特徴です。

2つ目は、制震構造です。

制震工法とは、地震による地盤の「揺れを吸収する」ことです。
制震構造は、建物の骨組みに取り付けられた制震装置が、地震の揺れを吸収する仕組みです。これにより、地震の揺れ(エネルギー)が建物に伝わりにくくなり、建物の揺れが軽減されます。特に高さのある建物に効果を発揮する構造で、2階以上では揺れを20%~50%軽減できるとされています。耐震に比べ、揺れが伝わりにくいという特徴があります。
主に、注文住宅や建て替えの際に制震構造が採用されています。

3つ目は、免震構造です。

免震工法とは、地震によって発生した揺れを建物に伝えないようにすることで、「建物の倒壊や家具の転倒を防ぐ」ことです。
免震構造は、建物と地盤の間に免震装置を入れることで建物と地盤を切り離し、建物の揺れを抑える構造です。耐震工法や制震工法との大きな違いは、建物の倒壊を防ぐだけでなく建物内部のダメージ、家具の転倒などを防ぐことができるという点で、これにより、二次被害を防ぐことができるという特徴があります。

しかし、建設コストやメンテナンス費用が大幅にかかるため、免震構造を採用している建物は少ないです。基本的には、ハイクラスなタワーマンションに採用されています。

「耐震」「制震」「免震」の特徴についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

日本は地震大国ともいわれており、繰り返される大規模地震や余震への対策が大きな課題となります。工法によって特徴が異なり、建築コストにおいても違いがあります。建物における構造の種類は、お住まい探しをする上で、また大切な家族を守る上でも、とても重要なポイントなのでしっかりチェックしておいて下さいね。

ライフアップサロン大阪は、ライフスタイルのご相談から資産や投資などのライフプランの作成、さらにはお部屋を彩るインテリアのコーディネートまで、住まいと暮らしのあれこれのお悩み!一緒に解決のお手伝いを致します。

また、随時個別ショートセミナーや個別相談を受付中です。
ぜひ、ライフアップサロン大阪スタッフまでお声掛けください。

ライフアップサロン大阪のインスタグラムのQRコードです。
住宅に関するタメになる情報から、スタッフのおすすめランチなど、楽しい投稿もありますので、是非チェックしてみてください!
皆様のフォローをお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。