持ち家購入時に知っておきたい!
【団体信用生命保険】とは
~自身の安心のため、家族の安心のために~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戸建やマンションの持ち家の購入を検討する際、
住宅ローンに団体信用生命保険を付加するかどうかも考えなければいけません。

今回は、この住宅ローンとセットで加入する団体信用生命保険について解説いたします。


1.団体信用生命保険とは

団体信用生命保険は、通称 団信(ダンシン)ともいわれ、住宅ローン契約時に加入する保険のことです。(※以後、団信)
また、団信は「生命保険」の一種で、死亡保障にあたります。
保険の内容は、住宅ローン名義の債務者が【死亡】または【高度障害状態】になったとき、保険金で住宅ローンの残債が完済される保険です。遺族に住宅を資産として残す事ができます。
注意点として、団信は最初に、住宅ローンを契約する時にしか加入することが出来ず、住宅ローン返済途中から加入する事はできません。

※金融機関によっては、(住宅ローン)返済途中での付加を実施している場合もありますので金融機関に必ず確認をしましょう。

2.加入条件

ほとんどの金融機関では、団信の保険料は無料になります。
但し、住宅ローンを借りるためには団信への加入が絶対条件となっています。
(※団信加入が必須の金融機関の場合)

団信は、「生命保険」の一種になります。
そのため、今までにかかったことのある病気や通院歴、服薬している薬の種類など、保険会社が定める告知事項について、健康状態の告知を行うことになります。
病気の種類・現在の症状・服薬している薬の種類などによっては、団信(=保険)に加入ができないケースもあります。

団信への加入が必須となっている金融機関であれば、団信に加入できなければ、当然住宅ローンを組むことも出来なくなりますので注意が必要です。

※告知事項や加入審査の基準は、保険会社・金融機関によって異なります。

3.ココがポイント!

通常、生命保険における死亡保障では、契約者が死亡した場合、死亡保険金は保険会社から遺族(死亡保険受取人)へ支払われますが、
団信では、住宅ローン名義人が【死亡】または【高度障害状態】になった場合、保険会社が住宅ローンの引受先である銀行へ残りのローン全額を支払います。

これをもって住宅ローンの残債は消滅し、以降の住宅ローンの支払いは免除されます。
遺族には、金銭の支払いは一切ありません。

また、団信は「生命保険」の一種ですが、
確定申告の際に控除となる「生命保険料」には適用されません。
さらに、団信にかかる税の優遇措置はありません。

まとめ


団信に加入していると、契約者に万が一のことがあった場合、
住宅ローンの残債がゼロになります。つまり、その後の支払いは一括免除されます。
自身の安心のため、家族の安心のために、住宅購入時にはぜひとも加入をおすすめします。

今回は団信ついてお話させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

ライフアップサロン大阪は、ライフスタイルのご相談から資産や投資などのライフプラン作り、さらにはお部屋を彩るインテリアのコーディネートまで、
住まいと暮らしのあれこれのお悩み!一緒に解決のお手伝いを致します。
また、随時個別ショートセミナーや個別相談を受付中です。
ぜひ、ライフアップサロン大阪サロンスタッフまでお声掛けください。

ライフアップサロン大阪のインスタグラムQRコードです。
今回のような住宅に関する情報やグルメ等を毎日投稿しておりますので、
ぜひフォローをお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。