お家時間が増えている今だからこそ、知って使うべき!税金が安くなる!?住宅ローン減税って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お家時間が増えて、住まいを見直す方が増えています!

コロナ禍により、在宅ワークや外出自粛などで、お家時間が増えたという方が多いのではないでしょうか?
お家時間が増えたことにより、お部屋での快適さを重視する方が増えており、皆さんの持ち家志向が高まっています。
このように、「マイホームの購入」を検討し始めた方に、是非チェックして頂きたい制度が「住宅ローン減税」です。


住宅ローン減税とは
住宅ローンを利用して、住宅を購入もしくは、リフォームを行い、一定の条件を満たした場合、収めた税金が所得税や住民税から控除される制度です。つまり、この制度を利用すると一定の期間、税金が安くなります。
「住宅ローン控除」とも言われており、正式には「住宅借入金等特別控除」と言います。
住宅ローンの金利の負担を軽減するために、創設された制度です。

いくらぐらいの控除(還付金)を受けられるの?(通常の新築住宅の場合)
住宅ローン減税は原則として、毎年末の住宅ローン残高の1%を年間最大40万円、10年間で最大400万円の控除を受け取ることが出来ます。
さらに、諸条件を満たすことで期間が13年間に延長され、最大480万円の控除を受けることが出来ます。
住宅購入を検討している方には、見逃せない制度です。(計算式は下記参照)

13年間の控除を受けるには?(新築住宅・中古住宅に問わず)
本来であれば、控除期間は10年間でしたが、2019年の消費税増税による負担軽減対策として控除期間を13年間に特例で延長され、また今回のコロナ禍でダメージを受けた経済を立て直すため、対象となる物件の契約や入居期限の再度延長されています。主な要件は下記の通りです。
1.契約期限
 ・注文住宅:令和2年(2020年)10月1日~令和3年(2021年)9月30日
 ・分譲住宅:令和2年(2020年)12月1日~令和3年(2021年)11月30日
2.居住開始時期
 ・注文住宅、分譲住宅に問わず令和3年(2021年)1月1日~令和4年(2022年)12月31日
3.消費税10%で購入した住宅であること
 新築住宅や売主が法人の場合、消費税は10%かかります。しかし、中古住宅の場合は売主が個人であることが多いため、この場合は非課税となります。
つまり、消費税がかからない住宅を購入した場合、消費英の支払いがない分、新築住宅に比べて控除額は少なくなります。売主が個人の場合、控除期間が10年間で1年あたりの最大控除額は20万円となります。

また原則 鉄筋コンクリート造のマンションであれば築25年以内(木造築20年以内)という条件が付きます。

控除(還付金)を受けるには?

会社員(給与所得以外の収入がない)の場合、1回目の還付は、入居して初めての確定申告期間(2/16~3/15)に最寄りの税務署や国税庁の公式HPより確定申告、2回目以降は勤務先の年末調整にて申請することで控除を受け取ることが出来ます。なお、申請は住宅ローンを組む人が個人単位で申請する必要があります。通常、確定申告の申告期間は毎年2月16日~3月15日です。
1回目の還付金は、場合にもよりますが、申請をしてから1か月~1か月半後に指定された口座に入金されます。
2回目以降は、基本的には給与と一緒に入金されます。

まとめ

今回、お話させて頂きました「住宅ローン減税」といった、国のお得な制度を賢く活用することで住宅ローンの支払いの負担を軽減することが出来ます。
また国や自治体によって、「住宅ローン減税」以外にも住宅購入を促進するための様々なお得な制度が用意されていますので、今は比較的住宅を購入しやすい状況ではないでしょうか?
今回のコロナ禍を機に、改めて住まいの見直しをされる事をおすすめします!
詳細につきましては、国土交通省の公式HPをご確認ください。

ライフアップサロン大阪はライフスタイルのご相談や資産や投資などライフプランづくり
さらにはお部屋を彩るインテリアのコーディネートまで、住まいと暮らしのあれこれのお悩み!一緒に解決のお手伝いをいたします。
ぜひ、ライフアップサロン大阪のサロンスタッフまでお声掛けください。

ライフアップサロン大阪のインスタグラムのQRコードです。
今回のような住宅に関する情報やグルメを毎日投稿しておりますので、是非チェックしてみてください。
皆様のフォローをお待ちしております。

次回は、引き続き「住宅ローン減税の要件や気をつけておきたいポイント」についてお話させて頂きます。
是非、次回もチェックしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。