新築マンションと中古マンションの購入時にかかるお金   ~【諸費用】の違いを比較!!~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろマンションがほしいと思い始めたけど、新築マンションか中古マンションのどちらがいいのか迷われる方は多くいらっしゃいます。
新築と中古の違いは、「価格が高い・安い」とか「建物が新しい・古い」というだけではありません。
住宅を購入する際は、物件価格とは別に諸費用(諸経費)がかかります。
この諸費用は、新築と中古で必要な金額や内容が異なりますので、まず初めにこの諸費用についてみていきましょう。


諸費用についての内訳は、このようなものがあります。

では、新築マンションと中古マンションの諸費用の違いには何があるのでしょうか。

まず、新築マンションだけにかかる諸費用の内訳には、
管理準備金修繕積立一時基金があります。

管理準備金とは、
新しくマンションライフをスタートさせるにあたり、備品の購入代金や予備費など、入居スタート時にスムーズな管理を始める事ができるよう準備するお金のことです。
一般的な広さのファミリーマンションの相場は、数万円程度です。

また、
修繕積立一時基金とは、
将来、マンションを快適な状態に保つための大規模修繕の費用に充当するためのお金のことです。
一般的には数十万円になります。通常、専有面積が広いほど金額も大きくなります。マンション購入費用に加えて修繕積立一時基金と払うのは、負担に感じるかもしれません。
ですが、将来、外壁タイルの補修、給排水管の修繕・取り換え、エレベーターの修繕などに使われるお金ですので、資産を守ることに繋がります。
今までの経験(前例)を参考にできるため、新しいマンションほど将来の建物を守るためのより正確な金額を提示しやすくなります。

次に、中古マンションだけにかかる諸費用の内訳には、仲介手数料があります。

仲介手数料とは、
仲介手数料とは、お家を売りたい人と買いたい人を引き合わせ、間にたって購入(売却)のお手伝いをする不動産会社(仲介会社)に支払う手数料のことです。
仲介会社は、中古マンションを購入する際にだけ必要となる仲介手数料として、国土交通大臣の定める額の報酬を受け取ります。報酬金額は、売買金額×3%+6万円+消費税となります。

例えば、3,000万円の不動産売買が行われたときの仲介手数料は、計算すると105万6千円になります。

(新築マンションは売主が個人ではなく、不動産会社(デベロッパー)が売主となるため、仲介手数料が発生しません!)

以上、今回は新築マンションと中古マンションの諸費用の違いについてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

ライフアップサロン大阪は、ライフスタイルのご相談から資産や投資などのライフプランの作成、さらにはお部屋を彩るインテリアのコーディネートまで、住まいと暮らしのあれこれのお悩み!一緒に解決のお手伝いを致します。

また、随時個別ショートセミナーや個別相談を受付中です。
ぜひ、ライフアップサロン大阪のスタッフまでお声掛けください。

ライフアップサロン大阪のインスタグラムのQRコードです。
今回のような住宅に関する情報やグルメ等を毎日投稿しておりますので、ぜひフォローをお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。