増税した今!お得にマイホームを手に入れる支援策! 住宅アドバイザーが解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月に消費税が8%から10%に引き上げられました。多くの商品・サービスの価格アップのなか、家を買うというのは大きな買い物なだけにとても痛手に思われるのではないでしょうか?私もマイホームは夢のまた夢だな…とも思っていました。

しかし今回の増税によって国が出した支援策が私たちの味方になってくれるそうなのです!マイホームを諦めている方!増税によってできた支援策でお得に家が手に入るかもしれない方法を解説していきます。


 

増税後は支援策を活用して住宅をゲットする!

最大400万円以上が戻ってくるコツとは?

私はこんなお得な控除があることを不動産業界に入って初めて知りました!知らずに損してらっしゃるか方もいるのではないでしょうか?

住宅ローン控除といって、増税前までは返済期間10年以上のローンを組んで住宅の購入をした場合に10年間は各年末の残高の1%が所得税額から控除されていました。
(控除しきれない分は住民税からも一部控除あり)
それが今回の支援策で住宅ローン控除が3年間延長になり、11~13年目の各年末に❶年末のローン残高の1%建物価格の2%を3年で割った価格――のいずれか小さい額がさらの戻ってくるようになりました。(2020年12月31日までに居住した場合)

*消費税10%適用物件で、~令和2年12月31日までに居住する
・毎年の住宅ローン残高の1%を10年間所得税から控除、
さらに3年間延長で2%増税相当分を控除
・所得税で控除しきれない分は住民税からも一部控除

*消費税10%適用物件で、令和3年1月1日~令和3年12月31日までに居住する
・毎年の住宅ローン残高の1%を10年間所得税から控除
・所得税で控除しきれない分は住民税からも一部控除

また以下の条件を満たしていることが条件です。

1、自らマイホームに居住する事
2、床面積(登記簿上50㎡以上
3、住宅ローンの返済期間が10年以上
が、主な条件です。(詳しくはスタッフまで。

※中古住宅の場合は以下の条件も満たさなければいけません。
1、築年数
・鉄筋コンクリートなどで建てられた「耐火建築物」の場合
→築25年以内
・木造などで建てられた「耐火建築物以外」の場合
→築20年以内
2、耐震レベル
・耐震基準適合証明書を取得する
・住宅性能評価書(耐震等級1以上)を取得する
・既存住宅売買瑕疵保険に加入する。

いつまでに購入したほうがいいか少し焦ってきましたね。
注意するのは2020年12月31日までに入居する事が最大の恩恵を受ける条件となります!
購入を検討されるときに必ず竣工される日程と引渡の日程を確認しなければなりません。

不動産豆知識
床面積50㎡以上というところです。掲載されている間取りでも、㎡数の示し方が壁芯内法といって測り方が違います。

内法…壁や柱の厚みの内側から測る                                     壁芯…壁や柱の厚みの中心線から測る

 

上記の2つのうち「内法」によって測られた床面積が登記簿上に記載される床面積になり、パンフレット等に記載の面積(専有面積=壁芯面積)とは異なります
ご注意くださいね!

②すまい給付金で最大50万円もらえる可能性とは?

すまい給付金というのをご存じでしょうか?消費税率引き上げによる住宅取得者の金銭的な負担を和らげるためにつくられた制度です。
期間限定で現金の給付制度があるのです!
2021年12月までが対象期間です。

今回の増税により収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円に引き上げされました。

対象となるのは
・住宅取得が増税後であること
・自らマイホームに居住する事
・床面積(登記簿上)50㎡以上←住宅ローン控除と同じ

新築住宅と中古住宅、住宅ローン利用の有無で要件が違ってくるので以下の図を参考にしてください。

(参考)http://www.sumai-kyufu.jp/outline/sumaikyufu/index.html

 

しかも「住宅ローン控除」と「すまい給付金」は一緒に使える!!

それぞれの利用条件をクリアしていれば、控除も給付も使えてお得に賢く
マイホームがゲットできます。
結論「住宅ローン控除」「すまい給付金」は使うっきゃない!

ハードルが高そうに見えるマイホーム。
でも実はこんなにお得な制度があるんです!

これらを活用して、ぜひ検討してみてくださいね!

SNSでもご購読できます。