家を考えることに独身だとか、関係ない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.独身こそ家を買おう!

最近、働く女性でマンションを購入する人が増えています。
でも、実際に購入を考え始めるのは、
『結婚してから』『もっとお給料をもらってから』『現状で満足しているから』
など、多くの人が理由付けをして動いていないように感じます。

生きていくのに、住宅は欠かせないものです。
後で後でと、現状維持になりがちですが、
女性・男性共に、少しでも住宅購入にあたっての行動を起こせるきっかけになればと思います。

2.賃貸と分譲の違い

そもそもの賃貸と分譲の違いをみてみましょう。

簡単に家を「借りる」・「買う」のメリット・デメリットをまとめてみました。

家を買っても、賃貸に住み続けても、住居費は一生かかりますよね。
購入の場合、住宅ローン返済が終われば住居費がグンと減りますが、
賃貸は一生家賃の支払いが続きます

今現在、若いうちは「賃貸」が気持ち的にラクと思いますが、老後を思うと「購入」が安心なのかなとは、感じます。

賃貸のいい点は、簡単に引越しできて、気楽に暮らせる点が挙げられています。

しかし、最近話題の老後2,000万問題が頭から離れません。
そんなにかかるのかと・・・
まぁ、怖くて考えたくもないですよね。

定年退職後の住居費(家賃)の貯蓄が2,000万円以上必要なのであれば不安でしかたありませんよね。

さすがに、老後の人生においてのトータル2,000万円ってことですよね?!
それでも、そんなにかかるのかと感じてしまいます。
が、それは、また追々、詳しく調べていきましょう!!

次に購入のいい点は、最初に費用がかかるものの、ローン返済終了後の住居費が少なく、
老後を『自分の家』で、安心して暮らせる点が挙げられます。

このように購入も賃貸も、人生のどこかで「家のためのお金」が必要なのは同じなのです。

後でも先でも、家のためのお金が必要なのであれば、
金利が安いと言われている今が、お得に住宅をゲットできるチャンスなのかもしれません。

3.なぜ、いま家が買い時なのか

- 低金利の今が買い時 -

『住宅ローンの金利が安い』『低金利の今が買い時』
住宅のことを調べだすと、この言葉がよく使われています。

まず、住宅ローンの金利が下がるということは、お金を借りた時の利息が減るということです。
昔は住宅ローンを組んで家1軒購入すると、家2軒分の返済をするイメージだと思います。
低金利のおかげで、住宅購入のハードルが昔より下がっているのです。

今が本当に低金利なのか、昔と比べてみましょう!!

4.昔と現在での金利の違い

- 住宅ローン金利の比較 -

ざっくりではありますが、昔にかかった利息と今の利息を比べてみました!!

※実際には変動金利、固定金利や返済方法など細かく決めないといけないので、
正確な数字は人それぞれになります。
住宅ローンを比較するため、今回は条件として4,000万円35年間変動金利で借りたとします。


参考:住宅金融支援機構 フラット35

例えば、一番金利が高かった1991年の8.5%の時に、35年ローンで4000万円を借りたとすると、
返済総額約1億2,540万円で、月額返済は約29.8万円となり、利息は約8,540万円となりました。

この頃に住宅ローンを組んだとすると、借りたお金の3倍以上を返済する必要がありますよね。
親世代は、家を買う時かなりの覚悟が必要だったのではないでしょうか?!
先ほど言っていたイメージ通りの結果になりますね。

私なら、返済できない可能性が高いローンです。。。

現在、2020年の6月での変動金利、0.575%(2.475%から1.95%優遇 りそな銀行の場合)で4,000万円を借りたとすると、

返済総額約4,420万円で、月額返済は約10.5万円となり、利息約380万円となります。

低金利のおかげで、住宅購入のハードルが昔より下がっているといえますね。

(※住宅ローンの金利は、家が建って引き渡しの時の金利が適用されます。)

独身の女性・男性共にどれくらいの人が、
住宅購入へ動きを見せているのか気になりますよね!
そちらも調べてみました♪

5.独身女性で、マンション購入している割合は同年代の男性のほぼ2倍?!

独身女性では持ち家の共同住宅(マンション)の割合が
40歳代後半で最も高く,同年代の男性のほぼ2倍という結果がでています。

独身女性の住宅購入が増えている理由のひとつに、女性の社会進出が挙げられます。
総務省統計局による男女別のデータによると(表2参照),持ち家の一戸建,借家の一戸建,借家の共同住宅では,各年代で男女の間にあまり違いはありませんが,持ち家の共同住宅(マンション)で違いが見られます。


参考:総務省統計局

持ち家の共同住宅(マンション)に居住する割合は(図2参照),男女共に40歳代,50歳代で高く,男女の差も大きくなっており,特に割合の高い40歳代後半から50歳代前半までは女性が大きく上回っており、男性と比べると約2倍もの差がでています。

 

出典:総務省統計局

1986年に男女雇用機会均等法が施行され、職場における男女の差別が禁止され、募集・採用・昇給・昇進・定年・退職・解雇などの面で男女ともに平等に扱うことが基本となりました。
その後、97年に一部改正され、女性保護のために設けられてから34年余り経ちました。
働く女性が増え、企業でも活躍する女性が増え安定した収入を得る独身の方が増えたことが大きな要因なのかと考えられます。

こうしたことからも、独身の住宅購入は女性が多く、中でもある程度のキャリアを積み、収入も安定する30~40歳代が中心と推測することができます。

6.まとめ

独身の住宅購入は女性の30~40歳代が多いですが、20歳代から購入を検討する女性も増えてきています。

知れば知るほど住宅購入というのは、
お得なことが多いのと、自分自身の資産に繋がるということ。

国が控除や補助で支えてくれる制度があるということ。

あなたのこれからの暮らしをもっと豊かにするために動いてみましょう。

とはいえ、『よし!家を買おう』と、いきなりならないと思いますので。

まずは、現状を把握してみませんか?
お得でなおかつ、自分に合ったライフプランを考え始めてみてはどうでしょうか。

次回は、家を購入した際の国の控除や給付金についてお話していきたいと思います。

ライフスタイルのご相談から資産や投資などのライフプランづくり、
さらにはお部屋を彩るインテリアのコーディネートまで、
住まいと暮らしのあれこれを、一緒に悩みながらまとめて解決しましょう!

 

 



↑ ↑ ↑
HPにて、来場予約可能♪スムーズにご案内いたします。
皆様のご来場、心よりお待ちしております♪

SNSでもご購読できます。